日本人がなぜ英会話を身につけられないのか、その理由を考えてみましょう。

 

 

英会話スクール

 

 

残念ながら、日本における英会話スクールの質の低さは

 

社会問題になるほど深刻なものです。

 

 

それ以外にも、日本人が英会話を習得する方法といえば・・・

 

 

・通勤・通学の電車・バスの中で、学習用のCDを聞き流している。

 

・高いお金を払って「ネイティブ教師がいる」という英会話スクールに通っている。

 

・難解な英文法や単語を、テキスト片手に必死に暗記している。

 

・英語を話すためには正しい文法が必要だと思って、様々な参考書で勉強している。

 

 

全然聞き取れない

英語の勉強といえば、これらの方法が最も一般的ですし、
学生時代から、英語は難しい『学問』だと思い込まされているので、
誰しもがこうした勉強法にトライしてきたと思います。

 

 

しかし、この方法で
「英語がぺらぺらになった!」
「ネイティブと会話するのが楽しくて仕方ない!」
なんていう声は、まず聞いたことがありませんよね?

 

おそらく、しばらく努力を続けても
目に見えるような上達が実感的なくて挫折、

 

そして、数ヶ月後、思い立ったように「今度こそは!」と
別の英語学習法を試してみるものの、やっぱり進歩がなくまた挫折・・・

 

そんなことの繰り返しになってしまっているのではないでしょうか。

 

 

では、なぜこうした学習法で英語が話せるようにならないのか?

 

それは・・
「実際の会話の場面では、役に立たない、使わない英語ばかり勉強している」からなんですね。

 

 

例えば、テレビや雑誌などでも盛んに宣伝している「聞き流し」教材の場合・・・

 

ぺらぺら会話

これは、もし自分がこれから「言葉」を覚えようとする赤ちゃんであれば
単純に英語のCDを聞き流したり、それをマネて話しているだけで
自然に英語を覚えて、幼児レベルの英語を話せるようになるのかも知れません。

 

しかし、実際に私たちはいっぱしの大人で、
既に日本語で考え、日本語で話す思考回路が固まってしまっています。

 

こんな「凝り固まった」状態で「ただ英語を聞き流す」学習をしたところで、
まるでBGMとして音楽を聴いているのと同じで、頭に英語がインプットされることはほとんどありません。

 

つまり、ネイティブの赤ちゃんが言葉を覚える過程と同じようなアプローチをしていては
私たち「日本人のオトナ」はどんなに頑張ってもも英語が話せるようにはならないのです。

 

次に「ネイティブ講師が自慢」の英会話スクール。

 

実際の日常会話では英会話教室で習うよう型にはまった会話は存在しませんし、
ネイティブの話すナチュラルスピードは、スクールの授業のようにゆっくりなスピードではありません。

 

冷や汗出ちゃう

むしろ、英会話スクールでの会話のスピードに慣れてしまうと、
実際に海外に出かけた時にネイティブと話すと
「あれ?全然聞き取れない!!!」と慌ててしまい、
自分の会話力を思い知らされることになります。

 

また、言うまでもありませんが、
一生懸命に学校で習ったような文法や単語を丸暗記したとしても
日常の会話では全く役に立たないといいます。

 

資格や、テストの点数に関係なく、
ただ単純に「英語を話せるようになりたい!」というのが願いならば、
つまらなくて効果のない勉強は今すぐやめた方がよさそうです。

 

単に日常の会話を楽しみたいだけなら、そんなつまらなくて難しい勉強をせず、
【Yuki式英会話勉強法】で「たった一つの事」を覚えれば大丈夫なんですね。

 

この【Yuki式英会話勉強法】で、これまでに20,000人以上が
ネイティブとの英会話を自由に楽しめるようになり、

 

その中には、急な海外転勤を命じられて慌てて勉強した40代サラリーマンや、
3年以上も高額な英会話スクールに通って、結果が出なかった30代のOL、
そして、80歳を超えてからこの勉強法取り組んで、成果わ出した人もいるということです。

 

 

 

教材の詳細を確認したい方は⇒ Yuki式英会話勉強法

 

 

 
 

 

このサイトを経由して「Yuki式英会話勉強法」をお申し込みの方だけに

 

特別なVIP特典をご用意させていただきました。

 

特典セットの内容、お受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

特典内容を確認する

 

 

お申し込みはこちらのボタンをクリックして「公式サイト」から

 

英語がぺらぺらになる「4つの秘密」を手に入れる